About

当サイトは同人ゲームを制作しています。
コンテンツにはボーイズラブ等女性向け表現を含みますのでご注意ください。
サイト名:花蓮盟(はなれんめい)
管理人:篠森花蓮(しのもり かれん)
URL:
http://hanarenmei.blog.fc2.com/花蓮盟 ※リンクフリー。直リンクはご遠慮ください。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

スポンサー広告

雑談です~。

ここ数日シナリオがどん詰まっているので、気分転換にブログを書こうと思います。

ある特定の能力が高い人たち・才能がある人たちが築く狭い閉鎖されたコミュニティが好きです。
お互いが特別なことを知っていて、神様からチケットがもらえなかった人たちを嘲っている、
もしくは眼中にすらないみたいな。
若い頃にありがちな、自分の存在は特別でとても偉い気になってしまっている個人の集まり独特の空気というか、
結びつきとか、変な絆みたいなのがたまらなく好きです。
その閉鎖された空間で生きている彼らの関係性を見ていくのがとても楽しいので、ずっとそのままでいてくれてもいいのですが

そこだけが世界じゃないよ、外に目を向けるのも悪くないよってことに気付いていく過程もおいしいですよね。

匂い立つ青春の香り。

つまり、なにが言いたいのかといいますと、

黒バス好きです。

ということです。

そんなわたしは、黄瀬くんがとても好きです。

キセキの世代が、自分たちだけの世界~って感じだったのが、
進学して新しい人や価値観に出会って変わっていくのが素敵だと思います。

そこで心動かされるってことは、
狭い閉鎖されたコミュニティが好きだと言っておきながら
実は、それを築くのは間違ってるんだよという思想を抱いているってことなのでしょうか…。

好きなのに、間違ってると思うよっていうのは、自分が持っていないものに対する憧れなんでしょうね。


…今、上記を読み返してみて、
何か思い悩んでいるのか心配してしまう文章だと思ったのですが、
大丈夫、わたしは元気です。



スポンサーサイト

2013.04.27(Sat)

memo

ツイッターやってます

ツイッター交流用アカウントがあります。

topにリンクを貼ってきました。
フォロー・リムーブお気軽にどうぞ。

呟き内容は、制作に関係することもあれば関係しない日常のことなど色々です。

サイトを作るときに、お家を建てるつもりで作ったので、
ここの日記が我が家に当たるんですが、
ツイッターはいわば庭というか、商店街というか、ちょっとお出掛けする感覚です。

呟きなので言葉はよりフランクですが、心はちょっと余所行きかもしれません(笑)

2013.04.20(Sat)

memo

はじめに

はじめまして。
オリジナルBL・女性向けフリーゲームを制作しています。
この度、同人ゲーム制作サイト『花蓮盟(はなれんめい)』を開設しました。
管理人の篠森花蓮(しのもり かれん)と申します。
サイト名で連盟を名乗っておりますが、個人で活動しています。
以前より、いつかBLゲームを作ってみたい・・・と思っており、今回サイト開設に至りました。(2013.02.21)
オリジナルフリーゲームを制作しています。 

 
★2015.4.7 『もしかしてこんな未来』公開終了 
  2015.4.1 エイプリルフールゲーム『もしかしてこんな未来』公開開始
  2014.12.25 クリスマスの直希と大貴の話 SS公開
  
   

  

二次創作・レビュー等のガイドライン


★現在鋭意制作中  
眠る準備は出来ていた   
「眠る準儀はできていた」/女性向けビジュアルノベル/フリーウェア/全年齢
TOP変更(2013.11.22)



☆何でも質問してください→http://ask.fm/sinomori_k



TweetsWind

2013.04.20(Sat)

top

「ものもらい」の年齢制限について

迷いましたが、全年齢にします。

ここでいう「迷う」というのは、
性描写を入れるか入れないかではなく、年齢制限の表示をどうするかということです。

性的描写はありませんのでR18ではないし、するとすればR15なんですが、
どうするか悩みました。

年齢制限の定義って曖昧なのですが、
当作品には、直接的な性描写はなくてもそれを匂わせる表現を含みますし、
扱っているテーマとして、略奪愛や家族のどろどろした関係などインモラルな要素があるので
配慮が必要かなと思ったんですが、
エロを期待されるとがっかりされるレベルですし・・・

それに、よく考えて。
某少女向け雑誌より内容・表現共に全然たいしたことないから!

と、思い至りまして
年齢制限は設けないことにしました。
しかし、配慮は必要と判断しまして、、紹介ページのスペック欄に
「性的描写はありませんが、それを匂わせる表現がありますので苦手な方はご遠慮ください。」
と注意書きを書かせて頂きました。

わたし、あの某少女向け雑誌はもろエロ本だと思っています。えへ。

2013.04.16(Tue)

memo

進行状況報告②

シナリオを書きながら、システム動作を確認しています。
今回は、システム画面の自作は見送りたいと思います。
右クリックで既存のシステムを呼び出せますので、そちらで操作をお願いしたいと思います。

手探り状態なので、何をするにも時間がかかりますね。
画像ファイルとサウンドファイルの拡張子くらい知っていて良かったです。

シナリオはおそらく、4割くらい進んでいるんだと思いますが・・・。
分岐直前まで差し掛かりましたが、ここまでで30分弱かかりそうなんですが、
それはわたしが文字を読む速度が遅いからなのか。
飽きずにプレイして頂けるのか、心配です・・・。

あと、語彙・文法共に日本語がかなり怪しいです・・・。
文章を書くことになれるためにも、
ブログではきちんとした文章を書こうと心がけていますが、
気を抜くとすぐに話し言葉になってしまいますね。
助詞が苦手です。
普段自分がどれだけ適当に話しているかが解ります。
もっと・・・敏感に・・・ならなくては、いけないのかも・・・。某ふくざわさんのように・・・。

追記に作業途中のスチルの一部ですが、置いておきます。
↓↓↓

more…

2013.04.15(Mon)

memo

630hit!

6月30日が誕生日です。
セーラームーンと一緒です。
630hitを踏んでくださった方、ありがとうございます。

何かリクエストがあれば受け付けます。
期限は特に設けません。
630を踏んでくださった方でなくても、大丈夫です。
リクエストはweb拍手またはメールフォームからどうぞ。

と、言っても当サイトは作品公開前なのでリクエストするものにもお困りかと思いますが。
戯れにございます(笑)

6月30日が誕生日なんですが、自分の誕生日が過ぎると1年の半分が終わるんですよね。
そのことに気が付いたのがほんの数年前で・・・。
友人に指摘されて初めて気づきました。
なぜそれまで気づかなかった!

暦的には、7月2日が丁度1年の半分らしいんですけどね。

2013.04.14(Sun)

memo

ゲームは即行攻略本派です

アクション・RPG・ビジュアルノベル共にゲーム全般好きですが、
ある程度まで自分で進めて、詰まったらすぐに攻略本・サイト様に頼ります。

ゲーム操作や謎解きよりも、シナリオを楽しみたいから!

あと、プレイ動画とか見ちゃう。

コンシューマーで好きなのは、KHシリーズとレイトン教授シリーズ。
レイトン教授は謎解きが肝なのでさすがに自力で解きますが、わりと躊躇せずにヒントを見ます。

ずっとやってみたいと思っているのは、バイオハザード。
きゃー!怖い!
バン!(扉を開ける音)
ぎゃーーー!!!!
ズガガガガ(銃声)
ぎょうえあぁぁーーーーーーー(ゾンビの悲鳴)
ぎょわえういあぇいらぁぁらぁ!!!!!!!(私の悲鳴)
とかやりたいです。
普通に怖いんですけど、恐怖に身を震わせたい。

真夏の夜に部屋を真っ暗にして一人でホラー映画をみたりするのも好きです。
あえてひとりで。真っ暗で。
恐怖に身を震わせたい。(2回目)

2013.04.12(Fri)

memo

草食、ロールキャベツの次は

マンゴー男子らしいですよ。
お肌のお手入れを入念に行い、自分を磨き整える自分が好き!みたいな男子が増えているらしいです。
そういう方たちをマンゴー男子というのだそうです。
ボディスクラブのお店のお兄さんが教えてくれました。

それを聞いた率直な感想は
「え、なにそれ怖い。」
だったのですが(笑)
世の中に綺麗な男性が増えるのは喜ばしいことですよね。
目の保養になります。

でも、あんまり美しい男性は、
女性として引け目を感じてしまうので隣に立たれたらちょっと嫌だな。
遠くから眺めていたいですね。

わたしはかつてベリーショートだったので(それこそ男子並みに短い)
自分より襟足の長い男の子を見るたびに
女性らしさで劣っているような気がしてショックを受けていたというのに、
今度はお肌のお手入れと来たもんだ!

完敗です。

2013.04.06(Sat)

memo

ネット復活しました

無事にネットが接続できまして、素敵サイト様方のエイプリルフール企画を存分に楽しみました。
みなさん、ありがとうございました。
来年は当サイトでも何かしたいですね。

「ものもらい」の作品ページにサンプル画像を掲載しました。
まだほんの冒頭ですが、ゲーム作りは楽しいです。
自分のボキャブラリーの貧困さと文章力のなさにもどかしい気持ちでいっぱいですが。
選択肢が少ない使用になる予定なので、ゲーム性は低くサウンドノベルの要素が強いと思います。

追記より、拍手お返事です。

↓↓↓

more…

2013.04.02(Tue)

memo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。