About

当サイトは同人ゲームを制作しています。
コンテンツにはボーイズラブ等女性向け表現を含みますのでご注意ください。
サイト名:花蓮盟(はなれんめい)
管理人:篠森花蓮(しのもり かれん)
URL:
http://hanarenmei.blog.fc2.com/花蓮盟 ※リンクフリー。直リンクはご遠慮ください。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

スポンサー広告

美文字ですってよ、お嬢さん。

最近、テレビで美文字だの汚文字だのって話題になっていましたが、
字がきれいな方には憧れますよね。

自分の文字を見るたびに「汚いなー」と思うのですが、
決して字が下手なわけではなくて、
ただ単に汚いんだと思うんですよね。

雑というか、丁寧さのかけらもないというか。

その自覚があったので、高校時代、地理のノートだけはきれいな字で書く!と決めて臨んでいました。
板書量はそこそこありましたが、なぜ地理にしようと思ったのか・・・。なぞです。
その取り組みの甲斐あって、地理のノートだけはやたら綺麗でした(笑)

そもそも、わたしが紙に文字を書くときの目的は
①メモ
②暗記物を書いて覚える
以上の2つなので、基本的に殴り書きです。
いかに速く!効率的に多くの量を記すことができるのかが勝負です!
自分が読めれば問題ないのでどうしても殴り書きに…。
しかし、時間が経つと自分でも何が書いてあるのかわかりません。
本末転倒ですね。

たまに提出物関係の書類にサインをすると
普段の私の文字を目にしている方から「余所行きの字だね。」とからかわれます。

美文字には、気持ちのゆとりと余所行きの心が必要みたいです。


追記に暫定立ち絵(線画)を置いておきます。
私の汚文字つきです(笑)
↓↓↓

ひ・・・筆圧が限界で文字がへろへろです。
立ち絵線画 

男性ファッションが全くわかりません。
女性と違って、熱心にファッション誌で勉強している男性に出会ったことがないのですが
世の中の男性はどこでおしゃれ情報を仕入れてくるのでしょうか。
リサーチしてみたいと思います!>被害者【わたしの友人たち】

2013.03.12(Tue)

memo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。