About

当サイトは同人ゲームを制作しています。
コンテンツにはボーイズラブ等女性向け表現を含みますのでご注意ください。
サイト名:花蓮盟(はなれんめい)
管理人:篠森花蓮(しのもり かれん)
URL:
http://hanarenmei.blog.fc2.com/花蓮盟 ※リンクフリー。直リンクはご遠慮ください。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

スポンサー広告

リオちゃんとリオくん

同じクラスに同じ名前の子がいるのは珍しいことではないと思いますが、
男女で同じ名前の子がひとつのクラスに居るのはちょっと珍しいですよね。
同じクラスにリオちゃんとリオくんがいました。

女の子が利緒ちゃんで、男の子が理央くん。
どちらの字も素敵で、音の響きも可愛くて格好いい。

自作キャラクターには、奇抜でなくありふれた名前をつけるつもりでいたので、
そのかわりに自分の名前をあえて少女マンガ代表みたいなちょっとイタイ感じにしたんですが、
思いのほかちょっと変わった名前のキャラクターたちが増えてきてしまって、
自分の名前付け損、恥かき損なんじゃ…?
という感じになりつつあります。

わたくし、篠森花蓮なので、
歳をとったら、かれんばあちゃんです。

「かれんばあちゃん」って響が印象的なので、
かれんすっとばして、愛称がばあちゃんになりそうですねwww
ばあちゃんよりはかれんちゃんの方がいいなぁ…。
なんて(^-^)

最近はキラキラネームよろしく、名前は何でもありみたいですが、
苗字はやっぱり、珍しいと気になりますよね。

わたしが実際にお会いした中で一番珍しい苗字は、
『水流』さんでしょうか…。
さて、なんと読むでしょう?

答えは反転で!↓
『水流』は、『つる』と読みます。

平凡苗字組としては、珍名に憧れます。
実際にお会いしたことはないんですが、一番好きな日本の珍名さんは
『一(にのまえ)』さんです!
一度でいいからお会いしたい、夢の珍名さんです…。

え、会ってどうするのかって?

とりあえず握手して、表札をバックに記念撮影です。

2013.10.04(Fri)

memo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。